Presto File Server

一般的に使われている FTP または HTTP/S などのファイル転送プロトコルは、世界中で高まりつつある地球規模の即時ファイル転送のニーズには不十分です。Presto File Server は利用可能な帯域を効率的に利用し、WAN 越しに高速で安定した、セキュアなファイル転送を実現し、Synology NAS を高速ファイル転送ポータルに変えます。

SITA 技術

Synology Internet Transfer Accelerator (SITA) は、Synology が開発した転送加速技術です。SITA はファイル転送性能を向上させ、長距離でのファイル転送時に発生する反応の遅れと不安定な接続という問題を解決し、Presto File Server を WAN 越しの巨大なファイル転送のための最適なソリューションにします。

  • 帯域幅の可能性を解き放つ

    ネットワーク遅延が引き起こす停滞は、利用可能な帯域幅を使われないままにしてしまいます。HTTP/FTP に適合したパケット送達保証機構を改善することで、SITA は停滞を減らし、利用可能な帯域幅をフル活用します。
  • 設定可能な転送速度

    SITA により、ユーザーは必要性に応じて帯域幅の最小と最大を設定でき、異なるタスクに対して求められるファイル転送時間を正確に予測し、制御できます。  

デジタルデータの高速送信

高速データ転送をいつでもどこでも

  • より高速なファイル転送でリモートのワークフローを加速

    会社とその海外支店との間での FTP/HTTP(S) によるファイル転送は時間がかかり、プロジェクトの進捗や作業効率に影響を及ぼします。この問題は SITA が高速化し転送時間を短縮したファイル転送が解決し、生産性が向上します。

    パフォーマンス テストをご覧ください

  • 巨大なデータを簡単に交換

    FTP/HTTP(S) を用いて海外の宛先に大きなファイルを送信すると数日を要することもあります。ハードドライブにデータを保存して目的地に送る方が速いかもしれませんが、それには余分のコストに加えてデータ破損や紛失のリスクを伴います。Presto File Server は既存のネットワーク環境で飛躍的に速い速度でデータを送り届けるため、マルチメディアやエンターテイメント、エンジニアリングや製造、ヘルスケアなど、高頻度の巨大データ送信を必要とするさまざまな業界に恩恵をもたらします。

    パフォーマンス テストをご覧ください

セキュアなデータ転送

Presto File Server は、お客様のログイン資格情報やデータのセキュリティを犠牲にすることなく、高速でファイルを転送します。

資格情報の暗号化と 2 段階認証

ログイン資格情報は、専用の TLS/TCP チャネル内に暗号化されて安全に保護されます。2 段階認証により、お客様の資格情報を不正な第三者やウィルスからの攻撃から保護します。

ファイル転送の暗号化

Presto のデスクトップ クライアントは AES-128 暗号をサポートし、大量のデータを高いセキュリティでインターネット越しに転送できるようにします。

SSL 認証

Presto スクトップ クライアントは、ユーザーが信頼されていない SSL 認証を使ってフィッシングサイトに接続してしまうのを防止する SSL 認証を備え、インターネット接続をセキュアにし、機密データを保護します。

直感的なデスクトップ クライアント

直感的な Presto デスクトップ クライアントにより、ユーザーはWindows、macOS、Linuxなどの主要オペレーティングシステム上のデータを安全かつ素早く交換できるようになります。

Presto デスクトップ クライアントに新しいタブを追加することで、ユーザーは複数の Presto File Server に同時に接続できます。ログイン資格情報は自動的に保存され、サーバのアドレスと資格情報を覚えておく手間がなく、転送プロセスが簡単になります。

転送タスクは Task Manager で優先度付けされ、詳細なログが異なるサーバーの異なるアカウントの最近の挙動を記録し続けます。

お客様は、Presto、Windows File Explorer または Mac Finder 間でファイルのドラッグ アンド ドロップによる簡単なファイル転送が可能で、コピー、貼り付け、名前の変更、および削除の操作に、コンテキスト メニュー上のネイティブ ホットキーの組み合わせを使用できます

右クリックで簡単に複数のファイルを設定で指定されたフォルダーあるいはデフォルトフォルダーにダウンロードします。

  1. Presto デスクトップ クライアントに新しいタブを追加することで、ユーザーは複数の Presto File Server に同時に接続できます。ログイン資格情報は自動的に保存され、サーバのアドレスと資格情報を覚えておく手間がなく、転送プロセスが簡単になります。
  2. 転送タスクは Task Manager で優先度付けされ、詳細なログが異なるサーバーの異なるアカウントの最近の挙動を記録し続けます。
  3. お客様は、Presto、Windows File Explorer または Mac Finder 間でファイルのドラッグ アンド ドロップによる簡単なファイル転送が可能で、コピー、貼り付け、名前の変更、および削除の操作に、コンテキスト メニュー上のネイティブ ホットキーの組み合わせを使用できます
  4. 右クリックで簡単に複数のファイルを設定で指定されたフォルダーあるいはデフォルトフォルダーにダウンロードします。

柔軟なリソース管理

Presto デスクトップ クライアントは、PC と Synology NAS の間でファイルを交換する最良のソリューションとなります。

リソースの開始と監視

転送タスクは Task Manager で優先度付けされ、詳細なログが異なるサーバーの異なるアカウントの最近の挙動を記録し続けます。管理者は同時ファイル転送の最大数を設定でき、優先度の高いタスクに利用可能な帯域を利用させることができます。

柔軟性の高い帯域幅制御

帯域幅は現地のニーズに応じて Presto デスクトップ クライアント上で直接調整できます。ファイル転送に対する帯域の最大と最小を設定することで、ユーザーは必要なファイル転送時間を予測でき、既存のネットワーク環境の帯域リソースを管理できるようになります。

スマート圧縮

Presto デスクトップ クライアントはデータ種別や環境に適応できます。圧縮できないデータを転送する場合には、直ちにデータ圧縮機能が無効になり、CPU リソースを節約します。

監視と管理

DSM にインストールされた Presto File Server により、管理者は利用される帯域幅と転送品質をリアルタイムで容易に監視できます。

  • リアルタイムのトラフィック状況

    DSM 上の Presto File Server は、現在の転送品質と接続中のクライアントの状況を監視するための直感的なパネルを提供します。
  • 詳細アクティビティ ログ

    詳細アクティビティ ログには、アップロード/ダウンロードのアクティビティ履歴、トラフィック記録、ファイルカウントが含まれ、管理者が転送上の潜在的な問題を把握したり、帯域幅の設定を管理するのに役立ちます。
  • スケジュールに応じて生成されるレポート

    管理者は Presto File Server に関する日次、週次、月次、年次のレポートを簡単にエクスポートでき、そのレポートを設定したスケジュールに従って指定したメールアドレスに自動送信できます。
  • リアルタイムのトラフィック状況
  • 詳細アクティビティ ログ
  • スケジュールに応じて生成されるレポート
  1. 1
  2. 2
  3. 3

Presto File Server ライセンス

Presto File Server は帯域幅単位でライセンスされ、異なるニーズに応える多彩な帯域幅オプションが用意されています。それぞれの Synology NAS は一回に限り 30 日間無料トライアルをアクティベートできます。