小売産業向けソリューション

小売産業向けソリューション

ビデオ監視は、小売業者にとって強力で不可欠なツールです。Surveillance Station を使用することにより、小売業者は盗難防止になるのみでなく、小売りスペースや個人のセキュリティ向上にもつながります。要件に合わせてビデオ監視とインテリジェンスな分析を柔軟に組み合わせます。

繰り返し費用の生じないマルチサイト遠隔監視ソリューション

包括的なカメラ サポート

Synology NAS/NVR は、130 以上のブランド、7,600 以上のカメラをサポートし、ONVIF のプロファイル S とプロファイル G を統合します。ニーズや予算に合わせて自由に IP カメラの選択が可能となり、互換性のあるカメラを再利用できます。

サブスクリプション料金不要

クラウドカメラと比較すると、Surveillance Station の使用には月額のサブスクリプション料金がかかりません。ソフトウェアのすべての組み込み機能を利用するには、ハードウェアの初期購入コストと、カメラライセンスのコストを支払う必要があります。

店舗内の常時監視

Surveillance Station は複数の監視モードを統合します。コンピューターを使用してビデオを見る他に、Synology DS cam を使用していつでも、どこからでも店舗の状態を確認することができます。非常時には、現場の最も関連する情報を取得できます。(Synology DS cam についての詳細は、こちらをご覧ください。)

いつでもどこでも最新情報を確認

  • 近くにいない場合でも、予期しない状況について知ることができます。営業時間以外に店舗に侵入者がいることをシステムが検知すると、リアルタイムのスナップショットとイベント通知が自動的に送信されます。
  • 店舗のスタッフは、常時監視システムに目を光らせなくても、現場の状況を把握することができるようになりました。カスタマイズされたアラームで、システムは自動的に警報を鳴らし、インシデントが発生したときにスタッフに警告します。同時に、ライブビデオがシステムのアラートパネルに自動再生されるため、インシデントを確認して直ちにアクションを実行できます。
いつでもどこでも最新情報を確認

自動管理と継続的な監視

  • 予算が少なく、カメラの数が少ない場合でも、倉庫や保管室など、幅広いエリアを監視することは可能です。組み込みのアクションルールを使用して、スケジュール上の自動パトロールプリセットポイントにカメラを設定することができます。
  • カメラが異常に動作する場合、システムは既定のルールを使用して、別のカメラを割り当てて元のカメラの監視範囲を引き継ぐことができます。欠陥のあるメンテナンス待ちのカメラが抜け穴となって環境を危険にさらすことはありません。
自動管理と継続的な監視}

柔軟な記録システムでビデオのストレージコストを削減

  • 録画スケジュールを柔軟に設定して、ストレージスペースを最大化します。営業時間中に連続記録で店舗内のすべての詳細を記録します。自動的に非稼働時間中にモーション検出記録に切り替え、重大なイベントのみを記録します。
  • Surveillance Station のスマートタイムラプスは、より柔軟な展開とストレージスペースの効率的な使用を可能にします。事前に設定された動的ビデオ圧縮比でビデオを圧縮することで、ビデオに必要なストレージ容量を削減します。イベントが発生すると、ビデオは自動的に元の速度で再生されるため、重要な詳細を見逃すことはありません。
  • スマート マルチ ストリーム スイッチング技術を使用すると、一般的な目的で低解像度のストリームを構成してストレージ スペースを節約できます。イベントがトリガーされると、リアルタイムビデオ解像度は、ストリーミングと録画のために自動的に高い解像度に切り替わります。
柔軟な記録システムでビデオのストレージコストを削減

DVA シリーズモデルでインテリジェントなビデオ分析を行うカスタム店舗監視ソリューションを作成1

潜在的な脅威を抑止

潜在的な脅威を抑止

内蔵の顔認識は、万引き犯の顔をブラックリストに登録することができます。盗難が認識されると、システムはアラートを送信できます。

リアルタイムの店内人数集計

リアルタイムの店内人数集計

すべての出入り口をモニタリングし、入退人数を自動集計します。会場の最大収容人数に達した場合に監視担当者に通知します。

人数計測レポート

人数計測レポート

統計レポートを作成して、特定の時間枠ごとにオンサイトの顧客数を分析し、それに応じて人員やマーケティング計画を調整します。

POS システムで Surveillance Station を利用

カメラと POS デバイスをペアリングすることで、トランザクション レコードをビデオで補足できます。各取トランザクションには対応するビデオがあるため、消費者から異論が発生した場合でも、該当するビデオで確認ができるため、時間のかかる購入の検査を行う必要がありません。カスタマイズされたキーワードは、異常なトランザクションが発生したときにリアルタイムのアラート通知を送信するように事前設定できます。

POS システムで Surveillance Station を利用

始めましょう

注意事項:

  1. Deep Video Analytics と顔認識は、DVA シリーズモデルでのみサポートされています。詳しくは、こちらをご覧ください。