Active Backup for Google Workspace

Active Backup for Google Workspace

Active Backup for Google Workspace により、ビジネスは Google Workspace 上に保存された企業データをコントロールし、保護できるようになります。メール、連絡先、カレンダー、ドライブ データは、Synology NAS にバックアップして集中化でき、偶発的なイベントに対する保護を可能にし、データ保持ニーズを満足させます。

包括的な Google Workspace バックアップ

このオンプレミスのソリューションにより、Google Workspace マイドライブ、共有ドライブ、メール、連絡先、カレンダーをバックアップします。

ドライブデータ保護

マイドライブ、共有ドライブ、対応する metadata、Google オンラインアプリケーションはすべてバックアップでサポートされます。

メール保護

Gmail データはラベル、ラベル構造、添付と共にすべてバックアップされます。

連絡先の保護

お客様とパートナーの関係はビジネスの成功の要です。Google Workspace 上の連絡先をバックアップすることで、Active Backup for Google Workspace は資産の紛失リスクを緩和します。

カレンダーの保護

削除されたデータがまだ必要だったと気づくことがよくあります。それが必要になった時に備えて、Google Workspace 内のカレンダーイベントがバックアップできるようになりました。

無制限のバックアップ。ライセンス不要。

Active Backup for Google Workspace は Synology NAS に付属する無料のアドオンアプリです。ストレージ容量が許容する限り無制限のユーザーアカウントをバックアップできる、理想的なSynology NASをお選びください。しかもライセンス費用は不要。

お客様の責任

Google Workspace サービス上で作られるデータは、長期間におよぶニーズに対してはバックアップや保存がなされないため、その保護はお客様の責任となります。

知的資産の保護

データセキュリテイについて言えば、データの管理や、ヒューマンエラーや悪意ある攻撃に対する保護は企業自身の責任です。

コンプライアンスと法的な目的のためのデータの保持

業界規制がある場合、組織にとってデータ保持が厄介なものになりがちです。一方長期的には、必要となるストレージ領域はかなりのコスト要因になります。

データ復元プロセスの最適化

Google Workspace のデータの復元にはかなりの時間と労力が必要になるため、復元の効率性を高め、作業の中断を最小化することが非常に重要です。

ご自身の NAS をご自分でコントロール

ビジネスは、ファイル保持の期間を指定することで、柔軟にバックアップバージョンを保存し、データ損失のリスクを最小限にするために連続バックアップを可能にします。

連続バックアップ

ビジネスは、ユーザーサービスと共有ドライブを継続的にバックアップし、データ損失のリスクを最小化します。

柔軟なファイルのバージョン作成

データは変更が加えられた場合にバックアップされます。バックアップファイルが新しいバージョンに更新された場合、その前のバージョンはファイル保持として設定された期間の間は保存されるため少なくとも前のバージョンは復元が可能です。

スマート復元

Active Backup for Google Workspace Portal を有効にすることで、社員と管理者の両方が復元すべき項目を簡単に見つけられ、数クリックで復元やエクスポートができます。

  • 多彩な単位でのリストア

    全体のバックアップタスクの代わりに、ひとつのファイルをそのメタデータ、メール、メール添付、連絡先、カレンダーイベント共に復元することで復元処理を促進します。

  • コンテンツ検索

    コンテンツ検索は、検索キーワードが含まれているメールやメール添付、連絡先やカレンダーを即座に取り出すことができ、膨大なバックアップを探し回る必要はありません。

  • データプレビュー

    ユーザーは、復元の前にメールの内容や連絡先の詳細をプレビューできるため、間違った項目を復元することが防げます。

  • データのエクスポート

    メール、連絡先、カレンダーデータは、EML、CSV、ISC フォーマットでエクスポートすることができ、Drive データとメール添付ファイルは Office のファイルフォーマットにエクスポートできます。

管理の再定義

バックアップ対象のドメイン数に関わらず、管理者はバックアップタスクをひとつのインターフェースで簡単に監視と管理が可能です。

  • 集中化されたダッシュボード

    包括的なダッシュボードにより、IT 管理者は、バックアップサービスのリアルタイムおよび履歴による保護、ストレージ消費、データ転送履歴を監視できます。
  • アカウント ディスカバリー

    サービスごとに有効化されるアカウント ディスカバリーは、Google Workspace サービスが有効化されている共有ドライブまたはユーザーを検出し、自動的にそれらをバックアップ対象とすることで、手動設定の煩わしさを無くします。

ストレージの効率性

Synology の高度なストレージ技術により、ビジネスは最小のストレージ領域で最大のデータを保持できるようになります。

  • 単一インスタンス化

    同一のコンテンツをもつメールとカレンダーの添付 (Btrfs ボリュームのみ) および Google Workspace ファイルは一度だけしか Synology NAS に保存されず、ストレージ領域を節約します。
  • ブロックレベルの重複排除

    Synology NAS の Btrfs ボリュームに保存されたファイルは、以前のバージョンから重複排除できるため、必要なストレージ領域が最小化できます。

FAQ

  • Active Backup for Google Workspace のバックアップタスクを作成する前に準備するアイテムはありますか?

      サービスキーを作成し、Drive API で Google ドライブへのアクセスを許可してください。詳細情報

    NASの制限や要件はありますか?

      はい、DSM 6.1-15217 またはそれ以降が動作している NAS デバイスが必要で、x64 Synology NAS サーバーと Btrfs ファイル システムだけがサポートされています (重複排除技術が使われている場合)。対応モデルはこちらからご覧いただけます。

    Active Backup for Google Workspace のデータを別のデバイスにもうひとつのコピーとしてバックアップすることはできますか?

      バックアップコピー機能は現時点ではサポートされていませんが、ロードマップにあります。

    ライセンス条件や最大アカウント制限はありますか?

      いいえ、アカウント数は無制限で、完全にライセンスフリーです。ただし、数が500を超える場合は当社の営業担当にご相談されることをお勧めします。

ビデオをご覧ください

Microsoft 365 & Google Workspaceデータのバックアップタスクと復元の方法は簡単に学べます。

お問い合わせ先

お客様の環境にとって最良のSynology NASを見つけるお手伝いをいたします。

お問い合わせ先

無制限のGoogle Workspaceバックアップがライセンスフリー