弊社のウェブページの改善のためにクッキーを使用しています。弊社のクッキーポリシーをお読みください。
プレスリリース

Synology® が DiskStation DS218play、DS218j、DS118 を発表

ホームユーザーおよびスモールオフィス向けの次世代データ保存ソリューション

台湾、台北—2017年10月27日, —Synologyは、ホームユーザーおよびスモールオフィスに最適なメディアストリーミング、ファイル共有、データバックアップ機能という3つの機能をもつ豊富なNASサーバー、DS218play、DS218j、DS118を発表しました。

DS218playは、ハードウェア暗号化エンジンと1 GB RAMを搭載した64ビット クアッドコア1.4 GHzプロセッサーを装備し、110 Mb/sを超える暗号化シーケンシャル読み取り/書き込み速度を達成します。ハードウェア トランスコーディングエンジンにより、DS218playはリアルタイム、シングルチャネルの10 ビットH.265 4K Ultra HD、またはシングルチャネルのHDビデオ トランスコーディングをサポートします。これによりユーザーは、どこででもデバイスに左右されることなく動画を楽しむことができます。

DS218jはハードウェア暗号化エンジン付のデュアルコア1.3 GHzプロセッサーと512 MB RAM を装備し、シーケンシャル読み出しおよび書き込みのスループットはそれぞれ113 MB/s、112 Mb/sを超えます。DS218jによりユーザーは、ピーク利用時に17.48 W、HDDハイバネーション時は7.03 Wしか消費しないという環境に優しい設計で、高いエネルギー効率を達成しながら高速のデータアクセスを体験できます。

DS118は新しい1ベイのタワー型NASで、64ビットクアッドコア1.4 GHzプロセッサーと1 GB RAMを装備しています。そのハードウェア暗号化エンジンにより、DS118は暗号化シーケンシャル読み取り/書み込みで110 Mb/sを超える性能を発揮します。DS118は、データバックアップおよび、どこからでもデータアクセスできるQuickConnect機能をもった理想的なストレージソリューションです。これは、豊かなマルチメディアエンターテイメントのために リアルタイム10 ビットH.265 4Kビデオ トランスコーディングもサポートします。

「これら3つのホームストレージソリューションは、家族や友人との大切な瞬間をのがさずに写真や動画に撮るのが大好きなユーザーのための最高のマルチメディアライブラリになるよう作られています。」と、Synologyのプロダクトマネージャ、Katarina Shaoは語ります。「多用途なこのアドオン パッケージで、この3つのNASモデルは、業務時間中の生産性向上を図りたい小規模スタジオのオーナーの方々にもぴったりです。」

DS218play、DS218j、DS118は、ネットワーク接続ストレージデバイス用のマルチメディアやファイル共有、生産性ツールなど広範囲のアプリケーションを提供する高度で使いやすいオペレーティングシステムであるDiskStation Manager (DSM)上で動作します。Synologyは、TechTargetのストレージソリューションサーベイで ミッドレンジ NAS 部門で最上位にランクされ、PC Mag Readersでは7年間PC Mag Readers' Choiceに輝くなど、数多くのメディア表彰を受けています。

DS218playに関する詳細は、https://www.synology.com/products/DS218play
DS218jに関する詳細は、https://www.synology.com/products/DS218j
DS118に関する詳細は、https://www.synology.com/products/DS118

発売状況
DS218play、DS218j、DS118は、世界中で発売中です。

Synology の概要

Synology は、クラウド時代において、ユーザーの皆様が、データを管理し、また、監視を実行する方法を一変させる、ネットワーク接続ストレージ、IP 監視ソリューション、およびネットワーク機器を実現します。Synologyは、最新テクノロジーの強みを十分生かすことによって、手頃な価格と信頼性の高い方法で、ユーザーの皆様が、データ ストレージとバックアップを集中化し、どこに居てもファイルを共有し、専門的な監視ソリューションを実装し、ネットワークを管理していただけるよう、お役に立つことを目的としています。Synology は、常に1歩先を行く先進的機能を備えた製品と、クラス最高のカスタマー サービスをご提供することに専念しています。

メディア連絡先

お問い合わせフォーム