RackStation RS18017xs+

ダウンロード 性能 互換性 比較
ダウンロード 性能 互換性 比較

RackStation RS18017xs+

大企業向けに、仮想化、データ集約型アプリケーション、およびサービス継続性のために設計された、拡張性の高い NAS

強力なストレージ ソリューション

RS18017xs+ は、シーケンシャル読み出し、568,000 IOPS、シーケンシャル読み出しおよび 4,800 MB/s を超えるスループット1の超高速性能をもち、柔軟なストレージ管理ができるように作られています。DDR4 ECC RDIMM と 10GbE 接続性は、ミッション クリティカルな環境に対しデータの正確性と性能を保証します。

CPU

Intel® Xeon® D-1531 6 コア プロセッサ

RAM オプション

最大 128 GB までの 16 GB DDR4 ECC RDIMM

ネットワーク

2 つの 10GBase-T ポート、オプションの 10GbE NIC をサポート

シャーシ

2U シャーシ設計、12 SAS/SATA ドライブ ベイ

堅牢な拡張性と信頼性

RS18017xs+ は、Synology 拡張ユニット RX1217sas と RX2417sas2 の自由な組み合わせにより、柔軟なストレージ拡張性を提供します。最大 7 台の拡張ユニットまで接続でき、ビジネスを小さな規模から始めて、大きく拡張することができます。

十分に認証されたストレージ仮想化ソリューション

Synology iSCSI ストレージは、簡単な管理インタフェースにより、仕事の効率を高めるためのほとんどの仮想化ソリューションを全面的にサポートしています。VMware vSphere 6 と VAAI の統合により、ストレージ オペレーションをオフロードできるようになり、計算効率を最適化します。Windows Offloaded Data Transfer (ODX) は、データ転送とマイグレーション速度を加速します。OpenStack Cinder をサポートすることで、Synology NAS をブロック ベースのストレージに変えます。

Btrfs:次世代ストレージの効率性

Btrfs ファイル システムには、現代的な大企業の管理ニーズを満たすために、最先端のストレージ テクノロジーが導入されています。

柔軟な共有フォルダ/ユーザ割り当てシステムは、すべてのユーザ アカウントと共有フォルダへの総合的な割り当て管理を実現します

Snapshot Replication は、1,024 の共有フォルダ バックアップと 65,000 のシステム全体のスナップショットにより、スケジュール可能で、ストレージ容量を節約したデータ保護を実現します

ファイルまたはフォルダ レベルのデータ復元は、データの回復を素早く柔軟に実行できるようにします

ファイルの自動修復は、ユーザの介入なく、破損したファイルを検出し、回復します

5 年間保証

Synology の 5 年間限定保証では、ハードウェアの交換と電子メールと電話によるテクニカル サポートを提供しており、お客様の会社の投資収益率を最大に高めます。

Synology 交換サービス (SRS)

SRS は、指定された地域3では翌日対応で代替品を無料出荷します。サービスの利用可能性については、こちらをご覧ください

Synology DSM を搭載

Synology High Availability

サーバーを障害時にクラスター化されたサーバー間でのシームレスなサービス移行を実施します。

詳細情報

Hyper Backup

ブロックレベルの増分データ バックアップとバージョン間の重複排除による複数バージョンのバックアップを保存します。

詳細情報

Cloud Station Suite

お使いの全デバイス上でファイルのバージョン コントロールを行いながらクロスプラットフォームで自動的にデータを同期します。

詳細情報

CMS

一元管理されたインタフェースで、複数の Synology NAS サーバを同時に管理し、業務効率を向上させます。

詳細情報

MailPlus

直観的でモダンなメール クライアントをもつ、セキュアで信頼性の高い、プライベートなメール サーバソリューション

詳細情報

コラボレーション スイート

Synology Office、Calendar および Chat は、安全に保護された、高性能のプライベート コミュニケーションと使い易いコンテンツの効率性を保証します。

詳細情報
  • 1 [Power] ボタンおよび電源インジケータ
  • 2 [警告音停止] ボタン
  • 3 ドライブ状態インジケータ
  • 4 ドライブ トレイ
  • 5 電源ポート
  • 6 PSU インジケータ
  • 7 PSU ファン
  • 8 コンソール ポート
  • 9 1GbE RJ-45 ポート
  • 10 10GbE RJ-45 ポート
  • 11 USB 3.0 ポート
  • 12 PCIe 3.0 スロット
  • 13 拡張ポート
  • 14 [RESET] ボタン

注意事項:

  1. テスト環境に関しては、性能のページをご覧ください
  2. RS18017xs+ は、別売りの Synology 拡張ユニット RX1217sas と RX2417sas を最大 7 台までサポートします。
  3. Synology の SRS は翌営業日以内のご連絡を保証しますが、実際の出荷と回転時間は、交換品の準備状況に応じて「最善の努力」で対応します。
ハードウェア仕様
CPU
CPUモデル Intel Xeon D-1531
CPUアーキテクチャ 64-bit
CPU 周波数 6-Core 2.2 (ベース) / 2.7 (ターボ) GHz
ハードウェア暗号化エンジ (AES-NI)
メモリ
システム メモリ 16 GB DDR4 ECC RDIMM
プリインストールされたメモリ モジュール 16GB (1 x 16GB)
メモリスロット数 4
メモリの拡張上限 128GB (32 GB x 4)
ストレージ
ドライブ ベイ 12
拡張ユニット使用時の最大ベイ数 96 (RX1217sas) / 180 (RX2417sas)
互換性のあるドライブ タイプ* (サポートされるすべてのドライブはこちら)
  • 3.5" SATA HDD
  • 2.5" SATA HDD
  • 2.5" SATA SSD
  • 3.5" SAS HDD
  • 2.5" SAS HDD
  • 2.5" SAS SSD
最大内部生容量 144 TB (12 TB drive x 12) (容量は RAID タイプにより異なります)
拡張ユニットによる最大 Raw 容量 1152 TB (12 TB drive x 96) (容量は RAID タイプにより異なります)
最大シングル ボリュームのサイズ
  • 200 TB (32GB RAM 必須、RAID 5 または RAID 6 グループのみ)
  • 108 TB
ホットスワップ可能なドライブ
メモ
  • 「互換性のあるドライブ タイプ」は、Synology 製品と互換性があることを試験済のドライブです。この用語は、各ドライブベイの最大接続速度を示すものではありません。
  • 最大物理容量は、最大の単独のボリュームサイズによって制限されません。Synology NAS モデルは、それぞれの作成されたボリュームが制限値以下である限り、最大のボリュームサイズを上回る容量を活用できます。 (詳細を見る)
  • 内部ボリュームの拡張は、単独ボリュームサイズの総計が最大の制限値 108TB を上回らない場合にのみ、あるいは 32GB RAM 以上にアップグレードされる場合には、最大制限値 200TB を上回らない場合にのみ、サポートされます。
外部ポート
RJ-45 1GbE LAN ポート 4(Link Aggregation / フェイルオーバー対応)
RJ-45 10GbE LAN ポート 2(Link Aggregation / フェイルオーバー対応)
USB 3.0 ポート 2
拡張ポート 1
PCIe
PCIe 拡張 2 x Gen3 x8 slots (x8 link)
アドインカードのサポート PCIe ネットワーク インターフェース カード (詳細を見る)
ファイル システム
内部ドライブ
  • Btrfs
  • EXT4
外部ドライブ
  • Btrfs
  • EXT4
  • EXT3
  • FAT
  • NTFS
  • HFS+
  • exFAT*
メモ exFAT Access は、パッケージセンターで別途購入することができます。
外観
外寸(高さx幅x深さ) 88 mm x 482 mm x 724 mm
重量 14.5 kg
その他
システムファン 80 mm x 80 mm x 4 pcs
ファン速度モード
  • 最高速度モード
  • 冷却モード
  • 低ノイズモード
簡単に交換できるシステム ファン
電源復旧
ノイズレベル* 49.8 dB(A)
電源をオン/オフに予約する
Wake on LAN/WAN
電源ユニット / アダプタ 2 x 500W
AC 入力電源電圧 100V から 240V AC へ
電源周波数 50/60 Hz, 単相
消費電力* 141.96 W (アクセス)
77.23 W (HDD ハイバネーション)
英熱量 484.39 BTU/hr(アクセス)
263.52 BTU/hr(HDD ハイバネーション)
冗長電源(xs+ およびRP モデル)
環境温度
動作温度 5°C から 35°C(40°F から95°F)
保管温度 -20°C から 60°C(-5°F から140°F)
相対湿度 5% から 95% RH
認証機関
  • FCC Class A
  • CE Class A
  • BSMI Class A
保証 5 年
メモ
  • 電力消費量は、Western Digital 1TB WD10EFRX ハードドライブにデータをフル ロードした状態で測定されています。
  • ノイズレベルのテスト環境:フルにロードした Seagate 2TB ST2000VN000 ハードドライブをアイドル状態にして、2 本の G.R.A.S. Type 40AE マイクロホンを Synology NAS の正面と背面からそれぞれ 1m 離して設置して測定した場合。背景ノイズ:16.49-17.51 dB(A)、温度:24.25-25.75˚C、湿度:58.2-61.8%。
DSM 仕様 ( もっと見る )
ストレージ管理
最大内部ボリューム数 1024
iSCSI Target の最大数 128
iSCSI LUN の最大数 512
iSCSI LUN クローン/スナップショット、Windows オフロード データ転送 (ODX)
RAID Group
対応する RAID タイプ
  • RAID F1
  • Basic
  • JBOD
  • RAID 0
  • RAID 1
  • RAID 5
  • RAID 6
  • RAID 10
RAID マイグレーション
  • Basic to RAID 1
  • Basic to RAID 5
  • RAID 1 to RAID 5
  • RAID 5 to RAID 6
大きいハードディスクでボリュームを拡張する
  • RAID F1
  • RAID 1
  • RAID 5
  • RAID 6
ハードディスクを追加してボリュームを拡張する
  • RAID F1
  • RAID 5
  • RAID 6
  • JBOD
Global Hot Spare 対応 RAID タイプ
  • RAID F1
  • RAID 1
  • RAID 5
  • RAID 6
  • RAID 10
SSD サポート
SSD 読み取り/書き込みキャッシュ (White Paper)
SSD TRIM
ファイル共有機能
最大ローカルユーザーアカウント数 16000
最大ローカルグループ数 512
最大共有フォルダ数 512
共有フォルダの同期の最大タスク数 32
CIFS、FTP、AFP の最大同時接続数 2048
Windows アクセス コントロール リスト(ACL)統合
NFS Kerberos 認証
High Availability マネージャ
ログ センター
Syslog イベント/秒 3000
仮想化
VMware vSphere 6 with VAAI
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Citrix Ready
OpenStack
アドオン パッケージ(アドオン パッケージのフルリストを見る)
Antivirus by McAfee (Trial)
Central Management System
Chat
最大ユーザ数 1600
メモ
  • Chat の同時 HTTP 接続数は、最大値に設定されました。
  • CPU と RAM の使用率は、推奨されるクライアントで数をテストした場合、双方とも 80% を下回りました。
  • テストされた拡張可能メモリ搭載モデルでは、最大容量の RAM が搭載されました。
Cloud Station Server
最大同時接続デバイス数 2000
最大同時接続デバイス数 (RAM 拡張時) 10000
同期済ファイル (btrfs) の最大数 3,000,000 / 単一ファイル反応時間 530 ms
同期済ファイル (ext4) の最大数 3,000,000 / 単一ファイル反応時間 229 ms
メモ
  • 同時接続されたデバイスの最大数は、同時に接続したままでいられるデバイスの最大数のことです。ファイル処理機能についての詳細は、ファイル処理の反応時間を参照してください。
  • ファイル反応時間は、1K バイトのファイルをそれが NAS に追加された後に Synology NAS から他のデバイスがダウンロードを開始するために必要な準備時間のことです。RAM 拡張はテスト中には使われません。
  • 前記のテストにおいては、暗号化されていない共有フォルダーが使われます。
Document Viewer
Download Station
同時ダウンロードタスクの最大数 80
exFAT Access(オプション)
MailPlus / MailPlus Server
無償の電子メールアカウント 5 (それ以上のアカウントについてはライセンスが必要です)
推奨する MailPlus クライアント数 600 (Btrfs) / 700 (EXT4) 以下
サーバーの最高性能 Eメール 3,088,000 (Btrfs) / 3,009,000 (EXT4) 件/日, 約 94.2 GB (Btrfs) / 91.8 GB (EXT4)
メモ
  • 推奨するクライアント数のテストでは、CPU ユーザーと RAM ユーザーは共に 80% 以下です。
  • テストされた拡張可能メモリ搭載モデルでは、最大容量の RAM が搭載されました。
  • 2 SSD ユニットが装着されている 5 ベイ(またはそれ以上)NAS モデルには、読み書き SSD キャッシュが埋め込まれています。
  • 2 台のサーバーでデータの同期を行うため、high-availability モードではメール システムの性能が若干劣ります。
  • 上記の全テストで有効にした機能:スパム対策、ウイルス対策、DNSBL、グレイリスト、コンテンツ スキャン、全文一致検索(英語のみ)。
Media Server
DLNA Compliance
Office
最大ユーザ数 1600
同時編集ユーザーの上限 100
メモ
  • CPU と RAM の使用率は、推奨されるクライアントで数をテストした場合、双方とも 80% を下回りました。
  • テストされた拡張可能メモリ搭載モデルでは、最大容量の RAM が搭載されました。
  • クライアントの性能は、最大同時編集ユーザ数に影響を与える可能性があります。テスト用クライアント PC:Intel Core i3-3220 / 8GB RAM
PetaSpace
Snapshot Replication
共有フォルダ毎の最大スナップショットの数 1024
全共有フォルダの最大スナップショットの数 65536
Surveillance Station
最大 IP カメラ数(ライセンス必須) 90(2 無償ライセンスを含む) (サポートされるすべての IP カメラはこちら)
フレーム/秒 (H.264)* 2700 FPS @ 720p (1280x720)
2250 FPS @ 1080p (1920×1080)
1350 FPS @ 3M (2048x1536)
800 FPS @ 5M (2591x1944)
フレーム/秒 (MJPEG)* 1050 FPS @ 720p (1280x720)
525 FPS @ 1080p (1920×1080)
350 FPS @ 3M (2048x1536)
220 FPS @ 5M (2591x1944)
メモ Surveillance Stationのスループット(処理能力)は、Surveillance Stationからのライブビューを使った継続的な録画と、カメラによる動作検出を使用して、Axisネットワークカメラを使ってテストされます。同時にLocal Displayで配信されます。ライブビューイングのビデオおよび録画は、カメラからの同じビデオストリームをシェアします。
Video Station
ビデオ コード変換 グループ 1 - タイプ 1 (詳細はこちらをお読みください)
コード変換チャンネルの最大数 1 チャンネル, 30 FPS @ 1080p(1920×1080), H.264 (AVC)/MPEG-4 Part 2 (XVID, DIVX5)/MPEG-2/VC-1
VPN Server
最大接続数 30
環境とパッケージング
環境 RoHS 準拠
パッケージ内容
  • 本体 1 台
  • アクセサリ パック 1 個
  • AC 電源コード 2 本
  • クイック インストール ガイド 1 冊
オプションのアクセサリ
  • Surveillance Device License Pack
  • 16GB DDR4 ECC RDIMM
  • 32GB DDR4 ECC RDIMM
  • 拡張ユニット : RX1217sas X 7
  • 拡張ユニット : RX2417sas X 7
  • VS360HD
  • Synology RKS1317 Rail Kit スライド式
  • Synology Ethernet アダプタ E10G15-F1
  • Synology Ethernet アダプタ E10G17-F2
General
ネットワーキング プロトコル
  • CIFS
  • AFP
  • NFS
  • FTP
  • WebDAV
  • CalDAV
  • iSCSI
  • Telnet
  • SSH
  • SNMP
  • VPN(PPTP、OpenVPN)
Windows AD ドメイン統合 ドメインユーザーは Samba/AFP/FTP/File Station を介してログイン
ハードディスクの管理
  • HDD ハイバネーション
  • S.M.A.R.T.
  • 動的不良セクタのマッピング
セキュリティ
  • SSL/TLS での FTP
  • IP 自動ブロック
  • ファイアウォール
  • Rsync を介した暗号化されたネットワークバックアップ
  • HTTPS 接続
ユーティリティ Synology Assistant
対応クライアント
  • Windows 7 と 10
  • Mac OS X 10.11 onward
対応ブラウザ
  • Chrome
  • Firefox
  • Internet Explorer 10 以降
  • Safari 10 以降
  • Safari (iOS 10 以降)
  • Chrome (Android 6.0 以降)
対応言語 English, Deutsch, Français, Italiano, Español, Dansk, Norsk, Svenska, Nederlands, Русский, Polski, Magyar, Português do Brasil, Português Europeu, Türkçe, Český, 日本語, 한국어, 繁體中文, 简体中文
連絡先