Linux 上での iSCSI Target の設定と使用方法

Nas

概要

ビジネス レベルの Synology NAS サーバーは、iSCSI サービスを提供することができます。したがって、iSCSI Target サービスを使用することにより、Synology NAS は専用ストレージ サーバーとして、iSCSI Target ストレージを提供します。これは、必要な数のクライアントのローカル ハード ドライブとして仮想的に見ることができます。ただし、これらはすべて中央化された Synology サーバーに保存されます。Synology NAS には、Thin Provisioning、iSCSI LUN バックアップ、MC/S (Multiple Connections per Session)、MPIO (Multiple Path I/O) と言った高度な管理機能が提供されており、ネットワーク ストレージ環境のユーザビリティと安定性を強化します。

ここでは、Linux サーバーから Synology NAS に iSCSI Target を設定する手順を説明します。

iSCSI って何?
iSCSI は、データストレージ装置に対するストレージネットワーク標準を基にしたインターネットプロトコルです。IP ネットワークに SCSI コマンドを送ると、iSCSI は、ローカルエリアネットワーク (LAN)、広域ネットワーク (WAN)、またはインターネット経由でデータを転送できます。 iSCSI を使うと、ストレージサーバーのスペースがクライアントのオペレーションシステムによりローカルディスクとして処理されます。実際は、ディスクに転送されるすべてのデータはネットワーク経由でストレージサーバーに転送されます。

iSCSI Target と LUN って何でしょう?
SCSI テクノロジーでは、LUN (論理装置番号) は、物理的な SCSI デバイス(「Target」と呼ぶ)の一部である個別の SCSI アドレス(論理的な)を示します。iSCSI 環境は、SCSI ハードディスクへの接続をエミュレートします。iSCSI Target は、接続インタフェースのようなものであり、LUN は必然的に番号が付けられたディスクドライブです。 iSCSI Target が iSCSI 開始プログラム(クライアント)により接続されると、iSCSI Target にマップされたすべての LUN は事実上クライアントのオペレーションシステムに取り付けられます。 したがって、開始プログラムはあたかも SCSI または IDE ハードドライブのように iSCSI LUN のファイルシステムを管理することができます。

目次

  1. はじめる前に
  2. Linux 上で iSCSI Target を設定する
  3. iSCSI Target をアンマウントして、iSCSI の検索を停止する

1.はじめる前に

ここでは、次のタスクがすでに行われていることを前提としています。

  • Synology NAS が設定され、Synology DiskStation Manager (DSM) がインストールされていること(Synology ダウンロード センター から、ご使用モデルのクイック インストール ガイドをダウンロードして参照してください)。
  • ボリューム(ここを参照)と共有フォルダ(ここを参照)が作成されていること。
  • Synology NAS で iSCSI LUN と Target が作成されていること。

トップに戻る

2. Linux 上で iSCSI Target を設定する

ここでは、Linux で iSCSI Target を設定する手順を説明します。 コマンド入力は太字で記載されています。

  1. iSCSI イニシエータ ソフトウェアをインストールするには、yum コマンドを使用してください。
  2. [root@Synology-FedoraVM /]# yum install iscsi-initiator-utils
    Loaded plugins: presto, refresh-packagekit
    Setting up Install Process
    Resolving Dependencies
    --> Running transaction check
    ---> Package iscsi-initiator-utils.i686 0:6.2.0.872-7.fc13 set to be installed
    --> Finished Dependency Resolution
    ...
    Installed:
    iscsi-initiator-utils.i686 0:6.2.0.872-7.fc13
    Complete!

    注: 前のコマンドは Fedora に iSCSI イニシエーターをインストールするためのものです。 Ubuntu に iSCSI イニシエーターをインストールするには、apt-get install open-iscsi を入力してください。

  3. vi コマンドを使うと、node.startup が自動的に設定されます。
  4. [root@Synology-FedoraVM /]# vi /etc/iscsi/iscsid.conf

    [...]
    node.startup = automatic
    [...]

  5. iSCSI の検出を開始するには、iscsiadm コマンドを使用します。
  6. [root@Synology-FedoraVM /]# iscsiadm -m discovery -t st -p 192.168.0.227
    Starting iscsid: [ OK ]
    192.168.0.227:3260,0 iqn.2010-10.synology-iscsi:newvirtualdisk.1
    169.254.1.2:3260,0 iqn.2010-10.synology-iscsi:newvirtualdisk.1

    [root@Synology-FedoraVM /]# iscsiadm -m node
    169.254.1.2:3260,0 iqn.2010-10.synology-iscsi:newvirtualdisk.1
    192.168.0.227:3260,0 iqn.2010-10.synology-iscsi:newvirtualdisk.1

  7. iscsiadm コマンドを使って iSCSI ターゲットにログオンします。
  8. [root@Synology-FedoraVM /]# iscsiadm -m node --targetname "iqn.2010-10.synology-
    iscsi:newvirtualdisk.1" --portal "192.168.0.227:3260" --login
    Logging in to [iface: default, target: iqn.2010-10.synology-iscsi:newvirtualdis
    k.1, portal: 192.168.0.227,3260]
    Login to [iface: default, target: iqn.2010-10.synology-iscsi:newvirtualdisk.1,
    portal: 192.168.0.227,3260] successful.

  9. fdisk, mkfs.ext3 を実行して、mount コマンドでiSCSI ターゲットのパーティション、フォーマット、マウントしまs。
  10. [root@Synology-FedoraVM /]# fdisk -l


    Disk /dev/sdb: 161.1 GB, 161061273600 bytes
    255 heads, 63 sectors/track, 19581 cylinders
    Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
    Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
    I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
    Disk identifier: 0x00000000

    Disk /dev/sdb doesn't contain a valid partition table

    [root@Synology-FedoraVM /]# fdisk /dev/sdb
    Device contains neither a valid DOS partition table, nor Sun, SGI or OSF disklabel
    Building a new DOS disklabel with disk identifier 0x6eae1b66.
    Changes will remain in memory only, until you decide to write them.
    After that, of course, the previous content won't be recoverable.

    Warning: invalid flag 0x0000 of partition table 4 will be corrected by w(rite)

    WARNING: DOS-compatible mode is deprecated. It's strongly recommended to
    switch off the mode (command 'c') and change display units to
    sectors (command 'u').

    Command (m for help): n
    Command action
    e extended
    p primary partition (1-4)
    p
    Partition number (1-4): 1
    First cylinder (1-19581, default 1):
    Using default value 1
    Last cylinder, +cylinders or +size{K,M,G} (1-19581, default 19581):
    Using default value 19581

    Command (m for help): t
    Selected partition 1
    Hex code (type L to list codes): 83

    Command (m for help): w
    The partition table has been altered!

    Calling ioctl() to re-read partition table.
    Syncing disks.


    [root@Synology-FedoraVM /]# mkfs.ext3 /dev/sdb1
    mke2fs 1.41.10 (10-Feb-2009)
    Filesystem label=
    OS type: Linux
    ...
    Creating journal (32768 blocks): done
    Writing superblocks and filesystem accounting information: done

    This filesystem will be automatically checked every 30 mounts or
    180 days, whichever comes first. Use tune2fs -c or -i to override.


    [root@Synology-FedoraVM /]# mount /dev/sdb1 /mnt
    [root@Synology-FedoraVM /]# cd /mnt
    [root@Synology-FedoraVM mnt]# ls -l
    total 16
    drwx------. 2 root root 16384 Oct 29 12:16 lost+found

3. iSCSI Target をアンマウントして、iSCSI の検索を停止する

次のセクションでは、iSCSI Target をアンマウントして、iSCSI の検出 を停止する手順を説明します

  1. iSCSI Target をアンマウントして、iSCSI の検出を停止するには、umount コマンドと iscsiadm コマンドを使用します。
  2. [root@Synology-FedoraVM mnt]# cd /
    [root@Synology-FedoraVM /]# umount /mnt

    [root@Synology-FedoraVM /]# iscsiadm -m node --targetname" "iqn.2010-10.synolog y-iscsi:newvirtualdisk.1" --portal" "192.168.0.227:3260" --logout
    Logging out of session [sid: 1, target: iqn.2010-10.synology-iscsi:newvirtualdi
    sk.1, portal: 192.168.0.227,3260]
    Logout of [sid: 1, target: iqn.2010-10.synology-iscsi:newvirtualdisk.1, portal:
    192.168.0.227,3260] successful.

    [root@Synology-FedoraVM /]# iscsiadm -m discovery --portal "192.168.0.227:3260" --op=delete