UPS

UPS(無停電電源装置)は、停電になってもしばらくの間であれば Synology NAS を作動し続けられるバックアップ用電源装置です。この機能は、電源が切れてシャットオフしてしまう前に Synology NAS がデータを保存し、ボリュームをアンマウントするのに十分な時間を与えることで、データの消失を防止します。[コントロール パネル] > [ハードウェアと電源] > [UPS] の順に選択してください。

セーフモード

Synology NAS がセーフモードに入ると、UPS から電力が供給されている間にすべてのサービスを停止してボリュームをアンマウントします。このようにしてデータの消失を防止し、安全にシャットダウンします。デフォルトでは、UPS 装置の電力が残り少なくなるとシステムがセーフモードに入ります。また、停電時に Synology NAS がセーフモードに入るまでの時間を指定することもできます。ただし、指定した時間に達する前に UPS 装置の残量が少なくなると、システムは即座にセーフモードに入ります。

Synology NAS がセーフモードでシャットダウンした場合、[停電後自動的に再起動する] オプション([コントロール パネル] > [ハードウェアと電源] > [全般])が選択されていると、電源が復帰すると自動的にオンになります。

ローカル UPS サポート

UPS 装置のインストールについては、装置の取扱説明書をお読みください。インストールが完了し、Synology NAS を UPS 装置に接続したら、次の手順に従って UPS サポートを有効にしてください。

ローカル UPS サポートを有効にする:

  1. UPS 装置をSynology NAS の USB ポートに繋ぎます。
  2. [UPS] タブで、[UPS サポートを有効にする] のチェックボックスを選択します。
  3. 停電になったら Synology NAS がセーフモードに入るように選択します。
  4. システムがセーフモードになったとき、UPS に停止信号を送信するかどうかを設定します。ほとんどの UPS 装置は、電源が復旧すると自動的にオンになります。
  5. [適用] をクリックします。

SNMP UPS サポート

この Synology NAS は、SNMP (Simple Network Management Protocol) UPS 装置にも接続できます。SNMP UPS 装置のインストールについては、装置の取扱説明書をお読みください。Synology NAS を装置に接続し、同じネットワークに繋いだら、次の手順に従って UPS サポートを有効にしてください。

SNMP UPS サポートを有効にする:

  1. [UPS] タブで、[UPS サポートを有効にする] のチェックボックスを選択します。
  2. [ネットワーク UPS のタイプ] ドロップダウン メニューから [SNMP UPS] を選択します。
  3. [SNMP UPS IP アドレス] 欄で SNMP UPS デバイスの IP アドレスを入力します。
  4. 停電になったら Synology NAS がセーフモードに入るように選択します。
  5. [SNMP コミュニティ] 欄に、SNMP UPS 装置のコミュニティ ストリングを入力します。
  6. [適用] をクリックします。

注意:

  • Synology High Availability (SHA) の導入の際は、SNMP UPS をお使いになることを強くお薦めします。
  • Synology NAS は SNMPv1 と SNMPv2c UPS デバイスに対応しています。

ネットワーク UPS サポート

USB ポートが 1 つしかない UPS 装置に 2 台の Synology 製品を接続すると、1 台の Synology NAS しか UPS 装置の状態を得ることができません。この場合は、1 台の Synology NAS を「ネットワーク UPS サーバー」として機能させ、USB またはネットワーク(装置によります)を介して UPS 装置に接続するようにします。ネットワーク UPS サーバーは UPS 情報を取得して、もう 1 台の「クライアント」Synology NAS にその情報を引き渡します。

ネットワーク UPS サポートを有効にする:

  1. UPS 装置(USB またはネットワーク経由)に繋いでいる Synology NAS にログインします。この Synology NAS でローカル UPS サポートがまだ有効になっていない場合は、上記の手順に従ってこれを有効にしてください。
  2. [UPS] タブで [ネットワーク UPS サーバーを有効にする] オプションを選択し、Synology NAS がクライアントの Synology NAS に UPS 情報を引き渡せるようにしてください。
  3. [許可された Synology NAS デバイス] ボタンをクリックします。
  4. 開いた画面で、UPS 装置を使用しているが、USB またはネットワークに接続されていない別の Synology NAS の IP アドレスを入力します。[OK] をクリックします。
  5. [適用] をクリックして、設定を保存します。

これでネットワーク UPS サーバーが UPS 情報を取得し、UPS 装置を使用しているもう 1 台の Synology NAS に情報を引き渡すことができます。もう 1 台の Synology NAS で UPS サポートを有効にする手順については、下記の説明をお読みください。

クライアントの Synology NAS で UPS サポートを有効にするには:

  1. UPS 装置を使用しているが、USB またはネットワークに接続されていない別の Synology NAS にログインします。
  2. [UPS] タブで、[UPS サポートを有効にする] のチェックボックスを選択します。
  3. [ネットワーク UPS のタイプ] ドロップダウン メニューから [Synology UPS サーバー] を選択します。
  4. [ネットワーク UPS サーバー IP] 欄に、ネットワーク UPS サーバー(UPS 装置に繋いである Synology NAS など)の IP アドレスを入力します。
  5. 停電になったら Synology NAS がセーフモードに入るように選択します。[サーバーに合わせる] を選択すると、セーフモードの設定を簡単に済ませることができます。
  6. [適用] をクリックして、設定を保存します。

ネットワーク UPS の必要条件:

  • UPS 装置の情報をリレーできるように、それぞれの Synology NAS が同じネットワークに繋がれていなければなりません。
  • 各 Synology NAS を接続するネットワーク装置(スイッチやハブなど)は、同じ UPS 装置に繋いでください。そうしなければ、Synology NAS が停電時に UPS 装置の情報をリレーすることができません。