Snapshot Replication

Snapshot Replication は、スケジュール可能なほぼリアルタイムのデータ保護機能を提供します。これを活用することで、障害発生時にも共有フォルダ内のビジネスデータ、iSCSI LUN 上の仮想マシンを安全に利用できる状態を確保します。

スナップショット技術による即時保護

Btrfs ファイルシステムがより多くのモデルで利用可能な点を活かし、Synology NAS には最新のデータスナップショット技術が含まれ、指定時点のファイルの復元が柔軟にでき、そこで使用されるストレージ容量とコンピューティングリソースは従来のバックアップに比べるとわずかです。

サポートされる対象

共有フォルダーは 5 分、iSCSI LUN は 15 分の頻度。

即時的なリカバリー

共有フォルダーと iSCSI LUN で利用可能数秒で前のバージョンに復元

拡張複製

異なるビジネス構造に対して柔軟な複製トポロジー

柔軟な拡張複製トポロジー

異なるビジネス構造に対して柔軟な複製トポロジ

アクティブ/アクティブ
拡張複製
ハブアンドスポーク
一対他

簡単な管理

セルフサービス リカバリー

リカバリはFile Station または Windows File Explorer で直感的に行え、操作者が適切な権限をもっている場合はシステム管理者の介入も不要です。

スナップショットのストレージ利用率をご確認ください

Snapshot Calculator が共有フォルダのスナップショットで使われるストレージ領域に関する透過的なレポートを提供します。IT 管理者は大きなスナップショットを削除してストレージ領域を効率よく利用できます。

セルフサービス リカバリー

リカバリはFile Station または Windows File Explorer で直感的に行え、操作者が適切な権限をもっている場合はシステム管理者の介入も不要です。

仮想環境のためのディザスター リカバリー

VMware および Hyper-V で動作している仮想化したワークロードのためのアプリケーション認識型スナップショットに対応しており、仮想マシン上のデータの統合性が確保されます。さらに、VMware Site Recovery Manager のサポートにより VMware vCenter Server から直接ディザスター リカバリーを開始でき、復元プロセスがシンプルです。

柔軟な保管と複製の手法

Snapshot Replication による柔軟な保管とエクスポート/インポート手法によって、複製のための時間、容量、帯域が節約されます。

  • 柔軟な保管ポリシー

    保管ポリシーはプライマリ サーバーと復元サーバーで異なるようにカスタマイズできるため、ストレージの利用を最適化できます。
  • 初期複製のエクスポート/インポート

    最初の複製データは物理ストレージデバイスを使ってインポート機能で復元サーバーに送られ、ネットワーク経由で最初の複製に要する長い待ち時間を回避します。
  • 柔軟な保管ポリシー
  • 初期複製のエクスポート/インポート
  1. 1
  2. 2

強力な管理ツール

スナップショット保護に加えて、Snapshot Replication には実際の障害時に要する時間を短縮し、レプリケーション タスクを効果的に監視するシステム管理用の優れたツールが備わっています。

テスト フェイルオーバーの実行による確実な復元

テスト フェイルオーバーを必要に応じて定期的に実施することで、現実に災害が発生した際に復元手順が期待どおりに機能することを確認できます。

WAN を介したデータ転送レポート

レポートは各復元タスクごとに作られ、 IT 管理者がネットワーク環境を評価、最適化するために役立ちます。