Synology High Availability

サービスの突然の停止によって、企業はコストがかかるだけでなく、IT 部門はロジスティック上の問題も抱えることになります。Synology High Availability(SHA)は、このような問題を解消し、手間のかからないデータの複製を可能にするとともに、サービスの稼働率を最大化します。SHA は指定の Synology NAS モデルで利用できます。

$+
平均的なサービス停止によってダメージが生じます
%
小規模ビジネスは、致命的なデータの損失が生じると再生不能になります
%
中小企業は突然のデータロスに対する準備ができていません

どのように機能するのですか?

SHA は 2 台の Synology NAS サーバーを 1 つの非常に可用性の高いクラスタ(または HA クラスタ)へ統合します。1 台のサーバーには、アクティブサーバーの役割が想定され、もう 1 台は待機中のパッシブサーバーになります。アクティブ サーバーはすべてのデータリクエストとサービスを処理し、すべてを継続的に受動サーバーに複製します。この連携によって、予期しないアクシデントが発生した場合に備え、ハードウェアとデータの完璧な冗長ソリューションが完成します。SHA についての詳細は、ビデオをご覧ください。 Synology のビデオを見る

リアルタイムの保護

リアルタイムのデータ ミラーリングメカニズムにより、アクティブ サーバーのハードディスクに正しく書き込まれた全データがリアルタイムにパッシブサーバーへ複製されます。このデータ同期はリアルタイムで行われるため、ハードウェアが故障した場合は複製されたすべてのデータがすぐにアクセス可能となります。

自動フェイルオーバー

2 台のサーバーは、Heartbeat 接続で通信します。アクティブ サーバーにアクセスできなくなった場合、パッシブサーバーが自動的に介入してサービスおよびアプリケーションが数分以内に回復できるようにします。スムーズな移行によりサービス稼働時間は最大化され、ビジネスにおけるサービス継続性が高まります。

  • 自動フェイルオーバー
  • 自動フェイルオーバー
  • 自動フェイルオーバー

直感的なトラブルシューティング

問題解決にかかる時間と苦労は非常に大切である。Synology High Availabilityのインターフェイスは、ついていきやすい解決策だけでなくわかりやすい視覚的情報を提供し、直感的なトラブルシューティングを実現している。

強固な HA ソリューション

Synology High Availability は、仮想化用ストレージなどリソースの使用が高いサービス用のクラスターを強固にして安定させます。リアルタイムのデータ レプリケーションにより、パッシブ サーバーは稼働中のサービスの大半を必要な時にいつでも再開させることができます。

仮想化対応

Synology NAS は、iSCSI を介して仮想マシンにアクセスするための理想的なターゲットとなります。SHA は、仮想マシンを常時使用可能な状態にします。VMware、Citrix、Windows Server 向けに認証された Synology NAS では、使いやすい LUN マネージャを使って迅速に作成、クローン、削除を行うことができます。 仮想化サポートについて

可用性の高いアプリケーション サーバー

直感的なアプリケーションの性能は、Synology 体験の重要な一部分となります。ハードウェアの故障によりサービスが停止しないように、ファイルサービス、ウェブサービス、Cloud Station など、大半の Synology パッケージと内蔵サービスは、SHA に対応しています。 その他の機能について

その他の特徴

ユーザフレンドリーな設計により、強力な HA クラスターを設定するための手間が少なくなっています。クォーラム サーバーは、パッシブ サーバーがファイルサービスを引き継ぐ必要がある場合にその安定性をさらに高めます。

手間のかからないインストレーションとメンテナンス

クォーラムサーバー対応

直感的な操作が可能なユーザーインターフェイスになっているため、SHA の設定と起動は非常に簡単です。便利な内蔵管理ツールを活用すると、特に技術的な知識がなくても、HA クラスタの監視やメンテナンスが簡単に可能です。 SHA 構成の設定方法について

パッシブサーバがメインの動作を引き継ぐタイミングは非常に重要です。クォーラムサーバーは、スプリットブレインの発生を防止し、サービスの継続性とデータの一貫性を最大限高めるための重要な役割を担います。

手間のかからないインストレーションとメンテナンス

直感的な操作が可能なユーザーインターフェイスになっているため、SHA の設定と起動は非常に簡単です。便利な内蔵管理ツールを活用すると、特に技術的な知識がなくても、HA クラスタの監視やメンテナンスが簡単に可能です。 SHA 構成の設定方法について

クォーラムサーバー対応

パッシブサーバがメインの動作を引き継ぐタイミングは非常に重要です。クォーラムサーバーは、スプリットブレインの発生を防止し、サービスの継続性とデータの一貫性を最大限高めるための重要な役割を担います。

その他、知っておいていただきたいこと

SHA には高度なツールや機能が多数備わっています。詳しくは、次のリンクをご覧になりご使用の準備を始めてください。