SAN Manager

DSM バージョン

Application component

SAN Manager

機能

  • 仮想化環境向けの高パフォーマンスと信頼性の高いストレージ ソリューション
  • 直感的なiSCSIサービスの管理と監視
  • VMware® vSphere、Microsoft® Hyper-V®、Citrix® XenServer、OpenStack Cinder を含む仮想化認証

仕様

  • 最大 iSCSI Target:256 (制限 1 参照)
  • 最大 LUN 数宇:512 (制限 1 参照)
  • 各 LUN における最大スナップショット数:256 (制限 1 参照)
  • iSCSI LUN クローン/スナップショット (制限 2 参照)
  • 2 種類のスペース割り当て:Thin Provisioning と Thick Provisioning
  • iSNS (インターネット ストレージ名サービス)
  • カスタマイズ可能な I/O キュー深さ
  • 低容量保護メカニズム
  • LUN パフォーマンス向上のための LUN デフラグ
  • オンライン LUN 容量拡張
  • CHAP と相互 CHAP 認証
  • IQN によるアクセス制御
  • データ転送中に発生したエラーをチェックするための CRC チェックサム
  • カスタム保持ポリシーを使用したスケジュール可能なスナップショット タスク
  • VMware VAAI 機能サポート:
    • Thin Provisioning Stun
    • Hardware Assisted Locking
    • Full Copy
    • Block Zero
  • Windows ODX 対応
  • スペース再利用対応
  • iSCSI サービスを提供するためのネットワーク インターフェイスの割り当てをサポート
  • 接続および検索のセッションの両方を確認するためにグローバル iSCSI CHAP をサポート
  • データ ロスあるいはファイル システムの危険を低下させるために、FUA と Sync Cache SCSI コマンドをサポート
  • バッファー I/O とダイレクト I/O の原則をサポート
  • ボリューム全体で LUN を移動することをサポート
  • VMware vSphere でハードドライブ (HDD/SSD) のタイプをユーザーがチェックすることを許可する VASA をサポート
  • SAN環境を高性能にsh,ストレージを安定させるため、ファイバーチャネルをサポートします。
  • 複数のイニシエータをグループ化して、それらが LUN にアクセスすることを管理するのをサポート
  • Snapshot Replication:オフサイトの Snapshot Replication とリカバリ
  • Synology Hyper Backup:LUNをローカル共有フォルダ、外部デバイス、または別のSynology NASにバックアップするタスクスケジュール
  • Synology High Availability (SHA):LUN および iSCSI サービスの信頼性を確保
  • VMware Site Recovery Manager:管理者が VMware vCenter Server から直接障害復旧を有効にできるようにし、複雑な設定を簡単にして、プロセスを最適化

制限事項

  1. LUN、ターゲット、スナップショットの最大数はモデルによって異なります (Synology 製品のソフトウェア仕様を参照)
  2. iSCSI LUN クローンとスナップショットは特定モデルでしかご利用いただけません。(Synology 製品のソフトウェア仕様を参照)
  3. Hardware-Assisted Data Transfer、スナップショット、スペース再利用は、Thick Provisioned LUN ではサポートされません
  4. DSM 6.2 バージョン以降の Btrfs ボリューム上に作成された Thin Provisioned LUN のみが、インスタント スナップショットと復元をサポート
  5. LUN 同時バックアップタスクの最大数:1
  6. 最小の LUN サイズ:1 GB
  7. ext4 ボリューム上のレガシーの拡張 LUN 最小サイズ:10 GB
  8. 最適化は Thin Provisioned Btrfs LUN でのみサポート
  9. スナップショット機能が有効な LUN またはレガシーの高度な LUN を使用した LUN は、同じボリューム内でのみ迅速にクローン作成可能
  10. レガシーの高度なLUNを変換すると、LUNのスナップショットも削除する
  11. CHAP 認証による検出はサポートされていません
  12. 従来の高度な LUN のみが、スペース再利用のための3つのモードをサポート
    • I/O の一貫性に優先順位付け
    • バランス
    • 再利用の優先順位付け

Synology Storage Console for VMware

機能

  • VMware vSphere Client で複数の Synology NAS を監視
  • 共有フォルダ/LUN の転送性能とホストおよび Synology NAS 間の接続安定性を最適化
  • アプリケーション コンシステントなスナップショットをサポート

仕様

  • システム要件
    • VMware
      • vCenter Server Appliance 6.5 U2 以上
      • vSphere Client (HTML5 のみ)
    • Synology:DiskStation Manager 6.2.3 以上
  • Synology NAS 上のLUN/共有フォルダの統合作成プロセスにより、VMware vSphere Client のデータストア作成ウィザードを合理化
  • ESXi ホスト設定の最適化をサポートし、転送性能と接続安定性を改善
  • VMware VASA プロバイダー (VASA 1.0) と VM ストレージ ポリシー管理をサポート
  • HTTPS 経由でストレージ システムを追加するのをサポート
  • データストアのマウントをサポート

制限事項

  • ストレージ コンソールの仮想マシンには、データストア上で最低 16 GB の空き領域が必要です

Synology Storage Console for Windows

機能

  • Windows サーバー上の複数の Synology NAS を監視
  • アプリケーション コンシステントなスナップショットをサポート

仕様

  • システム要件
    • Windows:Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2016、Windows Server 2019
    • Synology:DSM 6.2.3 以上
  • 複数のSynology NAS上でのLUN/ボリュームの状態監視をサポート

制限事項

  • Synology Storage Console for Windows と Synology Snapshot Manager for Windows は同時に Windows Server にインストールできません

SMI-S Provider

機能

  • SMI-S標準をサポートし、System Center Virtual Machine Manager (SCVMM) とのとうとうにより、複数のSynology NASの管理が容易

仕様

  • システム要件
    • Windows:Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2016、Windows Server 2019
    • Synology:DSM 6.1 以降
    • HTTP用にポート5988、HTTPS用にポート5989を有効にする必要あり
  • SCVMMによるLUNとターゲットの管理をサポート
    • LUNの作成と削除
    • ターゲットの作成
    • LUNおよびターゲットのマッピング設定
    • ターゲットマスキング設定

Synology Storage Replication Adapter

機能

  • iSCSI LUNの複製をVMware Site Recovery Manager Server上で直接管理可能

仕様

  • システム要件
    • VMware vCenter 6.0
    • VMware Site Recovery Manager 6.1

制限事項

  • VMware Site Recovery Manager 6.1のみサポート