DiskStation Manager 6.1

DSM は、お客様のビジネスが新たな課題に取り組む支援をするために絶えず進化しています。今回それは、Active Directory Server により更に優れた IT 効率を提供し、インスタント SMB サーバサイドコピーにより性能を高め、ファイル自己修復により信頼性を確保し、安定性とセキュリティ強化などをもたらします。

Btrfs ファイルシステム

次世代ファイルシステムである

Btrfs ファイルシステムの DSM 6.1 での発展により、より高度な機能をもつモデルが拡大します。 Btrfs ファイルシステムの詳細

ファイルのセルフヒーリング

Btrfs フィアル システムは、ミラーしたメタデータで、破損したファイル (発見されないデータ破損) の自動検出を行うことや、対応している RAID ボリューム(RAID 1、5、6、10、F1、SHRを含む)を使用して破損したデータの復元を行うことができます。

即時SMB サーバサイドコピー

標準 SMB サーバサイドコピーは、同じボリュームにデータをコピーする場合でも、処理時間を必要とします。送信元と送信先の両方が同じ Btrfs のボリューム上にある場合は、Btrfs 高速クローン技術により、コンピュータ上の SMB を介してインスタントファイルコピーを得ることができます。

Btrfs 対象範囲の拡張

DSM 6.1 は、Btrfs ファイルシステムをより多くの Synology NAS モデルに導入します。次世代ファイルシステムの強力な機能をご利用ください。 Btrfs 適用モデルの詳細

共有フォルダ暗号化

データ保護を備えた柔軟なストレージ

あなたが必要な時にいつでも、自宅のフォルダを含めて既存の共有フォルダを暗号化します。キー マネージャを使うことで、USB ストレージ デバイスを暗号化された共有フォルダを自動的にマウントするための物理キーとして使用でき、暗号キーをいちいち覚えていなくてもよくなります。

Active Directory Server

ユーザーとリソース管理のための包括的なツール

すべての従業員のコンピュータ上にそれぞれ個別に訪問する必要なく、特定のソフトウェアやシステム アップデートを自動的にインストールするようにポリシーを作成することにより、Synology NAS をドメイン コントローラとしてサービスを提供するように転換し、IT メンテナンスを合理化します。チュートリアル ビデオを見る

USB Copy 2.0

Synology NAS と USB/SD デバイス間でデータをコピーします

USB Copy でいくつかの簡単な設定をするだけで、ファイルとフォルダーがお使いの Synology NAS から 取り付けた USB/SD デバイスに、あるいはその逆に自動的にコピーされます。USB/SD デバイスが NAS に接続されると、すぐにデータの転送やバックアップが可能になります。USB Copy 2.0 について詳しく学ぶ

リソースモニター

ひと目でわかるリソースの使用状況

実行中のアプリケーションの詳細情報、および実行時間やハードウェア使用率に関する情報のレポートを作成します。Performance Alarm2 は、IT 管理者が適切な時に、適切な対策をとれるように、リソースの活用に基づいた警告を送信する新しい通知ツールです。

Snapshot Replication

データの可用性を高める複製、バックアップ、リカバリ

DSM 6.1 の Snapshot Replication は、高機密データを用いるビジネス向けの暗号化共有フォルダ、保護に対する追加の機能レイヤとなるローカル複製、ネットワーク帯域のを効率的に最適化する複製時の自動停止/再開を提供します。 Snapshot Replicationについてさらに知る

Snapshot Replication

データの可用性を高める複製、バックアップ、リカバリ

DSM 6.1 の Snapshot Replication は、高機密データを用いるビジネス向けの暗号化共有フォルダ、保護に対する追加の機能レイヤとなるローカル複製、ネットワーク帯域のを効率的に最適化する複製時の自動停止/再開を提供します。 Snapshot Replicationについてさらに知る

SMI-S Provider

一か所のエントリー ポイントでストレージ デバイスを管理

Microsoft の System Center Virtual Machine Manager (SCVMM) 用に最適化されたまったく新しいパッケージにより、IT 管理者は SCVMM の集中化ユーザ インタフェースから複数の Synology NAS サーバーをストレージ ノードとして管理できます。該当するモデルについては、ここをご覧ください。

Time Machine

最新の macOS 上での柔軟なバックアップ ソリューションをお楽しみください

現在、バックアップの送信先として使用する特定用途の割り当て(Btrfs ボリューム上で利用できます)を持つ複数の共有フォルダを指定でき、不正アクセスと容量超過を防ぎます。また、SMB は現在 macOS Sierra の Time Machine でサポートされています。.

Seagate IronWolfTMヘルスマネージャと整合性の取れたストレージマネージャ

Synology NASでお使いのIronWolfドライブの為の的確な監視機能

ストレージマネージャにSeagate IronWolfヘルスマネージャの機能が新たに加わりました。リアルタイムなディスクの健康状態と適切なアドバイスを提案します。IronWolfヘルスマネージャの機能はディスクへの影響を低くし、重大なデータロスを引き起こす確率を低下させます。3

その他の機能

  • 拡張 RAID F1 サポート:RAID F1 はさらに多くの Synology NAS モデルで利用できる、オール フラッシュ ストレージ用に設計された新しい RAID タイプです。
  • SMB 4.4 アップデート:仮想マシンのイメージファイルをアーカイブしながら、スペースを節約するスパース ファイルをサポート。4
  • Directory Server 上でネスト化されたグループ: ネスト化されたグループ アーキテクチャが Directory Server でサポートされるようになり、ユーザー管理がより直観的で簡単になりました。
  • Radius Server 上のオフライン認証: 新しいオフライン認証は、 Active Directory のドメイン サーバーが一時的にオフラインになっている時でもログインが可能なキャッシュ機構を採用しています。
  • SHR-1 から SHR-2 への移行SHR-1(1 台のディスク冗長性)から SHR-2(2 台のディスク冗長性)へのマイグレーションを実行し、ストレージ拡張にさらに柔軟性が加わり、データ保護性能が高まっています。
  • DSM コード署名: 携帯電話が信頼されないソースからのアプリケーションをブロックするのと同様に、Synology NAS も正しい署名コードと一致しない DSM パッチをブロックすることができ、保存されたデータへ付加的なセキュリティレイヤを追加します。
  • パッケージセンター自動修復: DSM のアップグレード後に一部のパッケージが破損した場合には、アップデートが必要となり、DSM は現在確実に全体のプロセスがスムーズに行くように、アップグレードの最中にそれらを自動的に修正することができます。

注意事項:
_____

  1. Universal Search は、NVR216 と EDS14 ではサポートされません。
  2. これらの機能は、搭載されていないモデルがあります。詳細は、リリースノートをご覧ください。
  3. IronWolf 正常性管理は、指定の Seagate IronWolf および IronWolf Pro ドライブ上で利用できます。
  4. 一部モデルのみ。